Instagram

Instagramよりほぼ毎日更新!

プロフィール

あちゅこ

Author:あちゅこ
こんにちは。あちゅです。
私は妊娠・出産・育児を通して
『女ってどんどんレベルアップできるんだ!!』と実感しました。

そしてその感動を伝えて行きたいと思い、産後ドゥーラというものになりました。
ドゥーラ協会HP http://www.doulajapan.com/
わたしのドゥーラHP http://doulafujishiro.blog.fc2.com/

おばちゃん、おばあちゃんになるのが楽しみです。

深く、広く、豊かで、しなやかで、みずみずしく。
そして軽やかで、どこまでも自由。

そんな女性になろうと思っています。

ライフワークとして女性とママのよき伴走者
『ママメンター』制度を日本中に広めて行こうと奮闘しています。

その一環が産後ドゥーラとしての活動です。

あなたの女としての幸せへの道筋を伴走します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ママのナイスアイデア
先日久しぶりにドゥーラご利用を卒業された方のお宅にお邪魔しました。

そしたら・・


201507300854070cc.jpg

赤ちゃん防止策(笑)

ホームセンターなどで売っている人工芝です。
チクチクするから、ハイハイ時期の赤ちゃんは上を通れません。

ちょっとかわいそうですが、キッチンなどあぶないエリアでゲートを取り付けられないとき、
いいみたいです。
スポンサーサイト
投稿日:2015/07/30
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
わたしはほんとうに自由になる
いやーすっかり放置プレイのこのブログ・・
気がつくと余裕で更新が1か月越えしていてスポンサーリンクがでちゃっていて
ほんとうに見づらいブログでごめんなさい。

よくみれいさん(マーマーマガジン編集長服部みれいさん)が言っているのだけど、

「人は見たいように見る。」

ってことがつくづくそうだなーと思う今日このごろです。
事実は、起こっていることはひとつなのに、その出来事の見解は人の数だけある。
自分の感じたままを感じたいと思う。

そうそう、
身体ってものすごく素直なんです。
素の自分。
この情報時代に唯一のこされている砦。
素のままの自分の部分。

なにかを言われた、
なにかが起こった。

気がつくとすでにわたしたちは心で、
といいながらそれは頭で解釈をしはじめている。左脳でね!
そうなると自分の外の基準や常識や人としてとかそういうフィルターを通っちゃっている。

ほんとうの、
一番最初に感じた自分の気持ちがわからなくなっている。

だけど、
身体はそのフィルターを通す前にちゃんと感じています。
だれかと会った後なぜかモヤモヤする。
とても疲れている。
頭のうしろの方が痛い。
ごはんをおいしく感じない。
ずっと考えちゃっている。

いろいろ解釈を入れて考えれば
「それって人としてすばらしいし」
とか
「こんなこと言ったら人としていけないのではないか」
とか
「わたしのこの気持ちさえ押しこめれば丸くことは済む」
とか。

最後のは完全にドMですね。
自分のインナーチャイルドにSM技かけてるってことですよ!!

無意識的にも意識的にも、
人は頭で考え始める段階ですでに自分を無視してしまいます。
でも最後の砦の身体だけは素直に反応しています。

無理してつきあわない。
世間体で量らない。
自分の一番の理解者を自分にしておく
(あたりまえだ。でもけっこうできてない。)

仲間外れになりたくない、
いい人にみられたい、
人でなしになりたくない。

だれでもそう思います。
でもでもでも。
自分自身にウソはつけないはず。
自分を大事にできない人は人もほんとうは大事にしていない
(表面上は大事にしてそうにみえるけど)
これって結構ホラーだと思う。

身体の声、
しっかりと聞いていきたいとおもう今日このごろです。

今日みたいなピッカンと晴れた日は、
まよわずシーツ洗濯です。
朝から気持ちのよい風に吹かれるまっしろなシーツを見ていると、
なんの迷いもなくなります。

主婦はそうじだね!
そうじしてたら家庭円満だと思うわ。
おいしいごはんとね。

IMG_3339.jpg

こんなところでいっしょにピクニックしませんか。
うふっ!

投稿日:2014/05/17
TR(0) | CM(0) | 日々のこと | Page Top
預言カフェ体験レポート
もう先月の話ですが、行ってきました預言カフェ。
その体験レポートです。
(年末に「だれか一緒に行きましょう!」と個人ページで誘っておきながら一人で行っちゃってごめんなさい。急に空き時間ができたので行ってしまいました。今度ご一緒しましょう!)

『預言カフェ』このあやしくも魅力的なひびきに誘われたのは服部みれいさんの『あたらしい結婚日記』を読んだからでした。
読んで気になった人多いよねー!

なにやら教会が経営するカフェで、ドリンクを頼むと牧師さん・シスターさんが各テーブルにまわってきてそれぞれの預言をしてくれるというもの。

予言でなく預言です。

予言とは、
ある物事についてその実現に先立ちあらかじめ言明 すること。
預言とは、
キリスト教で、神託を聴いたと自覚する者が語る神の意志の解釈と予告。また、それを語ること。
です。

とある3月中旬晴れの日。
ちょっと歩くだけで汗ばむような気候です。
預言カフェ日和です。
並ぶ覚悟で行くのでやはり雨だったり寒空だったり真夏日だったり大雪よりはこういうおだやかな日がいい。

わたしが降り立ったのは高田馬場駅。
駅から線路沿いの徒歩4~5分のところにありました。
カフェは14時OPENなのですが開店前からみなさん列をなすそう。12時になると店頭に記名して予約ができあとは自由時間となるというので11時20分ころお店に行ってみました。
すでに3名並んでいました。
3人ともおばさま。
2組のお友だち同士のおばさまと、1人で来ているおばさま。
最初にならんだよしみか、3人でいろいろと不思議ワールドについて話をしていました。
あまりに丸聞こえでわたしも無言で会話に参加した気分になった。心の中であいずちやツッコミをいれている不思議な気分。

11時半をすぎるとぞくぞくと人がふえてきます。
1人で来る人がほとんど。
40代くらいの男性もいましたね。
でも中には中学生くらいの息子と親子3人で来ている人もいました。
みなさん思いはそれぞれ。
12時には20名ほどの列になりました。
道行く人は「なんの行列~?」って感じで横目で見ています。

12時になってお店の人が出てきて記名ボードを用意。
順番に粛々と名前を書き、入店時間を確認してそれぞれが都会の谷間にきえていきました。
2時間ほど近くのカフェで事務仕事などしていたらあーっという間に指定時間の10分前。
ぴゃーっと急いで預言カフェに舞いもどりました。

カフェの入り口通路に椅子があり14時までそこで待ちます。
開店となると約10組くらいの名前が呼ばれテーブルに通されました。
このカフェ、教会が経営しているわりにBGMが洋楽POPすぎる。
そして音が、かなりおおきい・・。
わたしはスピーカーそばの席のためより大きく感じる。
「預言するとにには音さげてくれるんだよね。」と願う。
(その願いはあっさりスル―でこの大音量のなか預言は始まるのでした。ほかの人に聞こえない配慮なのかしら。クラッシックとか讃美歌の方が預言カフェにはしっくりくるのですが)

メニューを見るとドリンクメニューしかないカフェのようです。
珈琲は力をいれているようで各種いろいろありました。
珈琲好きの方にはうれしいお店だと思います。
わたしはさきほど別カフェでたっぷりとロイヤルミルクティーを飲んだのでここではオレンジジュースにしました。(値段は800円くらいだっと思う。かかる料金はドリンク代だけです)
オレンジジュースが出てきてしばらくすると牧師さんやシスターさんがそれぞれのテーブルにやってきます。
わたしのところにはやさしそうなシスターさんがいらっしゃいました。

携帯のボイスレコーダーを起動させシスターさんに渡すと彼女はそのボイスレコーダーに向かって話しはじめました。
うわさ通りとても早口です。
これはメモでは追いつかない。
(なので必ず録音機器を持って行くか、カフェ側で録音してくれそれを後日メールでおくってくれるというシステムになっています。店内でボイスレコーダーも販売していた。)

わたしは前もって『預言カフェ』で検索し、いろいろな人の体験談や預言内容を読んでいました。
どの内容もだれでもそういう側面があり、そういうことを言われたら思い当たる節がある無難な内容だな、って思っていたのです。
だからまあなにを言われてもそれはどの人にも言える話じゃないかと、私だけのメッセージってほんとうにあるのだろうかというなんともうがった見方をしていたわたしです。
だってシスターさんはお客さんのカタカナ書きの名前だけしか情報はないのですから。

「主は言われます。わたしの愛する娘よ~」
で預言スター―トっ!

わたしの予想は冒頭であっけなく打ち砕かれました。
わたしがそのとき自分の中でうじうじとしていたネガティブな思い。だれにも話していない、まだ自分のなかで言語化すらしていない正直な気持ちにピンポイントで主はスポットライトを当てたのでした。
それに当てただけではなく、その思いをあたたかく受け止めつつみこんで愛のシャワーをどんどん注いでくれたのでした。

そのことばに涙が出そうでした。

まさか泣くとは思っていなかったのでちょっと自分でも自分にびっくりして気持ちの整理がつかないのに主のことばはさらにつづきます。

主はずっとあたたかく愛のあることば、表現の仕方でこれでもかっこれでもかっというくらいはげまし続けてくれます。
ネガティブなことばは一切でてきません。そういうことも愛のあることばに置きかえられています。(これはかなり勉強になる)

愛のあるはげましのことばがこれほど人を勇気づけるものかと聞いていてずっと思っていました。
もうまさに物語、北風と太陽の世界を実体験しているかのようでした。

今のわたしへのメッセージはほんとうにこれからの日々がたのしみになるようなものでした。

信じる信じないとか、ほんとかうそか、という基準でなく
人はだれかの励ましと愛で生きられると確信した1日でした。


IMG_3203.jpg
投稿日:2014/04/14
TR(0) | CM(0) | 日々のこと | Page Top
このブログは日記です・風邪を引いてなおってきた話
ひさしぶりの更新です。
なかなかこのページにくることができず、
というかじつは自分で制限をかけているということがわかりました。

「更新しよう、更新しよう」

と思えば思うほど更新しない(笑)
なぜそうなのかと掘り起こしてみたら、

「PCからじゃないと更新したくない」

という自分がいました。(ウヒニピリ)
携帯で長文打つのはほんとうにわたしにとっては修行のようです。
だから気軽に携帯から操作する気にもならない。
だってちまちまスマホを打つのはとてもつかれるからです。
指太いし。
OSバージョンアップしたら変換になんだか時間かかるし。
Instagramで日々のドゥーラごはんとかつぶやきを送信するのでせいいっぱい。
FBのコメントもPCをひらくときまで待ってまとめて返コメしてます。
そしてなかなか平日はPCをひらけない。
週末PC開いても事務仕事とかいろいろやることあってブログ更新は二の次。

ということでわたしに必要なのは、
パッとネットにつながって、
PCサイズのキーボードである。
ということです。

MacAirBookが気になりつつ、
現実的にはiPadにキーボードをつけて、
どこでもいつでもネットにつながれる環境があればいいんだとわかりました。

それにこのブログをどういう位置づけにするかもなやんでいたのもたしか。
このブログと、
ドゥーラの個人HPと、
Facebookと。

散漫になってあちこちにいろいろあるなぁということだったのです。
なのでこのブログはわたしの個人的日記に集約いたします。
ドゥーラのHPはドゥーラ関連のまとまったことばの記事を
『産後ドゥーラ日記』に記載するようにします。
Instagram経由のFacebookおよびTwitterは日々の
ドゥーラごはんとちょっとしたこと
という位置づけでいいのではないかいと決めました。

ほんとすべては個人的なつぶやきでしかないのですが、
読んでくださってありがとうございます(#^.^#)

では、日記です。

昨日朝、出かけるときに玄関で
「あれっ、鼻と喉の奥になんかいる」
と気がついたわたし。
「この兆候、風邪だわ・・」
と思う。

体調崩すわけにはいかないのですよ。わたし。
仕事も家庭もあるし、なんといっても自分自身のためにも。
風邪ひくとこの数年はその後1か月くらい咳がとまらなくなり、
なかなか完治しないんです。
だから風邪はひきたくないのです。
とくにこの週末はスキーに行くつもりだったのでなんとしても治したく。

午前中は自宅で事務作業でした。
その間に吸入器を3回。
ゆたんぽを何度も入れ替え足元あっためる。
腰まではガウンやら毛布やらでぐるぐる巻き。
ぬか漬けがいいんじゃないかと思い、ぬかもいっしょに食べる。
アーユルヴェーダでは風邪のときは減食するとあったのでお昼はスキップ。
これまたアーユルヴェーダ(好きですので)の
ヴァータティーをポットにたくさんつくって飲む。
(ヴァータとは風の性質です。いろいろ忙しくしすぎたり、
ひっちゃかめっちゃかになっているときに飲むと
すごくおいしく感じる=ヴァータが乱れているから、らしいのです。)
プロポリスでうがい。
緑茶と塩をあわせたものでうがい。
塩水で鼻うがい。
ごま油うがい。

といろいろ試しまくりました。

夜はお風呂はやめて、
マフラー、マスク、ネックウォーマーでさらに喉を保湿し、
ニット帽をかぶり湯たんぽおいて寝ました。

夜中2回目が覚めたのですが、
その都度ものすごいのどの痛み。
「いやーこれはマズイ」
と思いそのたびにプロポリスうがいをしておきました。

すると今朝、のどと鼻の奥にあったあのひっかかりが


すぱ


となくなっていました。
鼻水は出ますがかなりよくなってきました。

というどうでもいい話なんですけどね(*^_^*)

風邪にも意味があると思うんですよ。
身体が休みたいというサインだったり、
食べ過ぎたからその毒だしだったり、
無意識の中にあるなにかからの逃避だったり、
風邪をひく理由があるんだと思う。

単純にウイルスに感染したってこともあるけど、
免疫力があればそれに打ち勝つこともできるし、
弱気になっていたり実際身体が弱ってればかかるし。

意識と身体は表裏一体。
無意識にある自分の本心=自分自身に常に目を向けていたい、
掘り起こすことをおそれないでいたいと思いました。



※まったく関係ないのですが、
「全然おいしい」
という表現はどうなのでしょうか。

昨日見ていたテレビで料理人らしき人が連発していて
あまりの不自然さにへんな感じでした。

料理人が言う、「全然おいしいです」
っておいしいのかおいしくないのかわからんっちゅーの。

『全然』ってことばは「全然おいしくない」とか
「全然だめだった」とか否定が後ろにくると自然な気がするので
『おいしい』というプラスのことばにはそぐわないと思います。

「とてもおいしい」
「断然おいしい」

がぴたっと来るとおもいました。
実際は語源とかよくわかってないんですけどネ。
それにさいきんの使い方であるとも思います。
全然を肯定的にとらえるのって。

言葉ってその人の印象につながるのでたいせつにしたいです。
なかなかむずかしいですけど。








投稿日:2014/01/11
TR(0) | CM(0) | 日々のこと | Page Top
産後ドゥーラ説明会、いたします

11/30(土)11:00~13:00 Doula Cafe 『ドゥーラが語る産後のリアル&産後ドゥーラご利用説明会』@四谷ワンキッチン ランチつき


最近耳にする『産後クライシス』。産後だれにでも起こりうる可能性を事前に知り、対処法をしっておくことであなたの産後がよりゆたかなものになります。多くの産後女性をサポートしてきたベテラン産後ドゥーラによるほかでは聞けない貴重なお話し満載です。おいしいランチつき!
産後ドゥーラの利用方法についてもくわしくお話しいたします。

ってこれわたしがお話しするんです♪
ドゥーラの経験から見えてきたこと、多くの産後女性の感じていることなど深く掘り下げてお話しします。
それに産後ドゥーラを利用してどうだったかのご利用者の生の声を上映いたします。

ドゥーラを利用する人でなくても聞いてよかったという話だと思います。
ぜひいらっしゃいませんか。

くわしくはこちらのページをご覧ください。
説明会申し込みHP
投稿日:2013/11/15
TR(0) | CM(0) | 日々のこと | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © ススメ!女塾 ~女の人生たのしもう~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。